ご挨拶

「中央大学理工学部ビジネスデータサイエンス学科」は、ビジネス分野を中心とした次世代のデータサイエンス教育・研究のリーディング学科として、2021年4月に経営システム工学科から名称変更ました。情報化社会ではあらゆる分野でデータ活用が求められてます。「ビジネスデータサイエンス学科」は中央大学における50年にわたる管理工学科・経営システム工学科で培ってきた教育・研究の豊富な実績をベースに、「データサイエンス」「データエンジニアリング」「ビジネス」の3つの柱に関する包括的な知識を獲得したデータサイエンスのスペシャリストを育成し、これからの社会に変革をもたらす人材を輩出していきます。

新着情報

  • 本学科高橋直己助教が取材協力しました
    本学科高橋直己助教が、ウェブサイト「ほとんど0円大学」の「大学の知をのぞく」の「この研究がスゴい!」で研究紹介協力しました。記事:絵文字によるコミュニケーションを研究する中央大学の高橋先生に話をきいて […]
  • 教員・研究室紹介のページを更新しました
    3月をもって高桑宗右衛門教授が退職され、大草孝介准教授が着任されました。併せて、教員・研究室紹介の内容を更新しました。
  • 渡辺則生教授が番組制作に協力いたしました
    本学科渡辺則生教授が,VODサービスのHuluで配信されている SEKAI NO OWARI DOCUMENTARY “4”【ドキュメンタリー Episode2】(2022年5 […]
  • 福田悟志助教が情報処理学会2021年度「山下記念研究賞」を受賞
    「網羅性を重視 理工学部助教(ビジネスデータサイエンス学科)福田悟志が、情報処理学会2021年度山下記念研究賞(情報環境領域)を受賞しました。本賞は、情報処理学会の研究会および研究会主催シンポジウムに […]
  • 大学院生の受賞
    経営システム工学専攻修士2年片桐優帆さんが情報処理学会第84回全国大会において学生奨励賞を受賞しました.詳しくはこちら.

ページトップに戻る